プリロードアジャスターを付ける2015/08/14

フロントフォークにプリロードアジャスターを付けてみたいと思いまして。

■VTRの現在のフロントフォーク状況

オイルはテクニクスで購入したフォークオイル #10
バネはスクーデリアオクムラさんのシングルレート 0.65 kgf/mm (250mm)
オイルシールはSKFの緑のやつ
(最近換えた。関連記事:フォークのメンテナンス)

どうも現行 CB400SB のプリロードアジャスターが付くとかで。外観もわりとスッキリしていてハンドルに干渉する事もなさそうなのでこれにしてみる。


■購入パーツ

CB400SBのプリロードアジャスターとカラーパイプ

アジャスタ付きフォークボルト
51450-MCE-781

そこのOリング
91356-KF0-003

右の4本のパイプはカラー。ステンレスパイプ。

アジャスターが通常のキャップより高さが出るのでその分カラーを短くしてあげなければならない。ノーマルのバネならノーマルカラーを購入してカットすればいいのだが、現在使っているシングルレートバネはノーマルより結構短く、カラーが 225mmと長い。

これをカットして使う事もできるが、できれば元に戻したくなる時の事を考えて温存しておきたい。しかし20cm越えのフォーク用カラーがなかなか見つからず。厚み 0.5mmという条件が厳しい。仕方ないので少々重くなる事は目をつぶり厚み 1.0mmで行く事にした。

ステンレスパイプ
径 34mm
厚 1.0mm
長 210mm と 215mm

長さは迷ったので二種類買ってみた。

カラーの重さが気になったので一応量ってみた。今までのは 111g。新カラーの 215mmは 167g、210mmは 163g。なんだ、大した差じゃないな。


■アジャスターの詳細

プリロードアジャスターの目盛

アジャスターを一番緩めた状態。線が4本あってそれぞれの間隔はこんな感じ。

210mmカラーを使って下から一本目の線に合わせると 8mm程のプリロードとなる。今までが 9mm程のプリロードだったので、ここを基準にする。


■フォークの状態

そんな訳でフォーク状況

オイル: ヤマハの #5 (柔らかくしてみた)
バネ: 0.65kgf/mm
プリロード: 8mm
オイルレベル: 90mm

バネを購入した時のお勧め設定はオイルレベル 95mmで、そうしていたが、今回オイルを柔らかくしたので奥で踏ん張ってもらう為に少し油面を上げてみた。


■スクールに行ってみた

リアサスのバネも柔らかいし、全体的によく動いてモタードっぽいかもーなんてスクール往路では喜んでいたが、コーススラローム中、突っ込み過ぎとの指摘を受ける。

あれ? どうもきちんと前ブレーキを使えてないんじゃないかな?

プリロードを最大にかけてみる。アジャスターの一番上の線に合わせてみた。17mmのプリロードという事になる。効果としては旋回中の姿勢が前上がりになる訳だが、その分前荷重が抜けるのか、少し走り易くなった様な気がしなくもないというか何と言うか。

よく分からん。

でもここで前を上げたら以前、後ろが上がった事によって(α-13の140サイズはタイヤの外径が大きいのだ)マシになっていた旋回中の問題がぶり返す様な気がしなくもないが、そんな事もないような気も。

こうなると以前感じていた旋回中の問題は姿勢のせいではなく、タイヤのせいだったんじゃないのかとか。(でもGPR300は、こんなコトしなきゃ良いタイヤです)

つうか、何でこんな暑い時期に粘度柔らかめにしたのかね。

今の私には合ってないっぽいので今度友人と行く奥只見ツーリングまでにオイルを換えなくては。何故か今、ヤマハの #10 と #15 を持っているので、さて、どっち入れよう。

ラジエターファンが回りません 22015/08/08

(前回より続き)

ファンが回らないので各部導通チェックと水温センサー交換をしましたが、直らず。


■手動で回そう

ファンコントロールリレーの所にはキーOFFでも12V来ている。ON-OFFスイッチを付けて手動で回す事にする。

冷却系電装 配線図

まずは試しにファンのリレーを取り除いて上図CとDの間にON-OFFスイッチを付けるのだ!

スクールの前夜に即席でスイッチを付ける。転がっていた適当な端子とお蔵入りしていたACTIVEの右スイッチボックスのKILLスイッチ部分を使う。

シートの上にスイッチを

こんな感じ。「教習車よろしく危険な時の緊急停止スイッチなのかと」などとスクールで言われたよ。ファンですがな、ファン。
「まさかこのままやっていくつもりじゃ…?」
「仮の状態ですって! か・り・の!」

そんなこんなで、これはいいぞ! エンジンの音が嫌な感じにならない。やっぱファンですな! ファン。

シートとシートレールに挟まったコードが皮膜切れてショートし、ヒューズが切れるというトラブルに見舞われながらも(挟まれずにシート外に出せる部分はちゃんとあるので同じ事やる人は気を付けてね!)、予備ヒューズで乗り切り、この仕様でやって行く事に決定。


■他のチェック事項

スクール中にインストラクターさんなどに相談した所、後はECUからのアースはOKか、水温センサーからECUに帰る途中に抵抗が上がる部分が無いか、それくらいかねーと言われた。

ECUのアースはOKだった。もう一方は面倒なのでそのうちやる。もう手動運用する事に決めたのでそのうち何かのついでにやる。
(とは言え、水温センサーの抵抗は kΩ の大きさになるので、以前導通チェックしてたときの針の動き方からみて影響が出る様な抵抗が途中にあることはほぼ無いと思われる。)


■リレーを介すか否か

まずはファンにどれくらい電流が流れるか計る。2.7A弱だった。35Wは行かない位か。

ファンにどれくらい電流が流れるか。接続状況。

ファン通電中

リレーを介さない場合、スイッチにこの電流がまるっと流れる。やっぱリレーを介したい。問題はECUの部分でどの程度の抵抗値があるのか、だ。必要最小限の電流になるように(つってもマージンは十分設けてあるだろうけど)してあると思われる。

ではリレー部分の抵抗はどうか。120Ω強だった。電流はおよそ0.1A。よし。リレーの所から直接アースに落としてもいいや。


■実装
簡易配線図。スイッチ追加

リレーのECUに向かう端子(緑/黄線)を外し、ここに新規作成の導線を接続。

ヒューズボックスに刺さってた端子は187型だが一般的な形のものではない。が、試しによく有る端子で試してみたら、ひっかかりは悪いものの簡単に抜けはしないっぽい。

この線をタンクの下を通しヘッドライトカバー内に引き込む。スイッチへはギボシで接続。

さて、アース側はどこを使おう。ヘッドライトケース内を眺めているとホーンのアース線が挙手してる!

実はホーンを外して久しい。車検があったら通らない変更なのでホントは駄目だけど、有効に使った試しが無いばかりかウインカーを解除しようとして間違って押してしまう始末なの。しかも割と重いし、更に言うとラジエターに当たる風を多少とも乱している様にも見える。害有り利無し部品の様な気がしてならないの。

で、これは250型メス。

ので、スイッチ側は250型オスを取付、メス側のスリーブから出てしまう部分を熱収縮チューブで処理する。

でけた!

出来上がった右スイッチ部

■試乗

完璧である。

回すべきタイミングはエンジン音とか状況で判断する。この時期は軽快に走れる山などを除いてわりと回しっぱなしでもいいような気がする。消費電力が気になる所だがずっと回りっぱなしも想定して発電力を設定してあると思うので、まずは大丈夫なんじゃないかな。寧ろレギュレターで熱として捨てる分が減るので好ましかったりするかも?

ラジエターファンが回りません 12015/07/26

少し前にサーモスタットを交換したけど、まだ変でして。
(過去記事:サーモスタット交換)

前より水温警告灯は点きづらくなった様な気もするがファンが回ってくれない。まだ新品だったころはちょっとの事でガンガン回ってた気がするのだ。

で、水温警告灯が点いてもファン回ってないのってオカシクね? って指摘を受けまして、あれ、そうだね! ってなりました。


■まずは電装系チェック

冷却装置の電装関係のチェックから始める。経路の通電とファンのチェック。

ファンはバッテリーから直で電圧を掛けるともうガンガン回る。良かった、これ高いんだ。

そしてリレーの検査、これも問題ない。続いて通電検査。

冷却系電装 配線図

ファンコントロールリレーの
Aとエンジンストップリレーの該当の線
BとECU黒カプラの31番(緑/黄)
Cに12V来ているか
Dとファンのプラス線

ファンのアースはOKか

ファンを回す判断をする元は水温センサーから来ていると思われるのでこれの導通チェックも。

水温警告灯は水温センサーから直接来ていてちゃんと点灯するのでこれはOK。
センサー桃/白線からECU灰色カプラの13番(桃/白)
センサー緑/橙線からECU黒カプラの18番(緑/橙)

全てクリア。となったら後はもう水温センサーかECU…。

ちなみにECUとリレー。

ECUとリレー

リレーは NAiS の ACV31212。


■水温センサーを交換

水温センサーは温度が上がると抵抗が下がるというサーミスタを利用している。壊れやすいか否かと言えば、まあ動作不良はなくはないという感じだと思うので、安い部品だし替えてみる。

37870-KRJ-901 センサーASSY. 2,257円
90454-MC7-000 そこのワッシャ 140円

以前のサーモスタットの交換でサーモハウジングのゴミが水路に拡散しているかもと思ったので水路の掃除も。ついでだからラジエターコアのフィン修正もした。ピンセットと針金でちまちまと。結構泥とか詰まってた。

ラジエターコア、掃除した


■結果

ファン回らん。

(ガッカリしたところで次回に続く)

サーモスタット交換2015/06/25

フロントフォークにプリロードアジャスターを付けようと買ってあるので次の作業はそれ! って思ってたんだけど、思わぬ伏兵に脇腹を刺されました。

今回の主役はサーモスタット☆


■事の起こり

なんか以前はあまり点かなかった水温警告灯がやたら点く。よっしサーモでも交換してみっか! となる。

パーツリスト図、ラジエター系

19300-MCH-A00 サーモスタットASSY
91311-KE8-000 Oリング

Oリングは持ってたのでサーモを購入、3,186円。

ここ半年のうちに3回、冷却水を換えるハメになっているなぁ。


■サーモ、その素敵な形

サーモスタット

世界を救う事になる最後のパーツって感じがする。


■水を抜く

VTRは冷却水を抜く穴が二カ所あるが、今回は水交換がメインではないので一カ所から抜く。

水を抜く

ちなみにもう一つの水抜き穴は以下。

もう一つの水抜き穴、サービスマニュアルより

二カ所とも同じクラッシュワッシャーを使う。材質は銅、厚さ 1.2mm、内径 6mm、外径 12mm。


■サーモスタットハウジング

タンクを外してエアクリボックスをずらすと見えて来るサーモスタットハウジング。

サーモスタットハウジング

パカッと開ける。

蓋をぱかっと開けた所

蓋側にOリングが付いている。高熱に晒される場所なので結構痩せていた。

気になる事が一つ。蓋は黒く塗装されているがOリング内部の方まできている。それが結構剥がれていたのだが、こいつがサーモスタットの縁だのゴムパッキンだのに纏わり付いている状態だった。

今回は閉じちゃったけど、近いうちにいくらかバラして水を逆流させる感じで掃除した方がいいかも知れない。(また冷却水交換かぁ…)

グリップの位置変えとスロットルキット 32015/06/22

(前回よりの続き)

スイッチボックスの件でいろいろ迷っている間にスロットルキットだけは取付できたのでツーリングに行ってみた。

スイッチボックスを適当な位置にバンドで留め、ハンドルエンドはまだ切断してなくて構造物を寄せただけの状態。友達に「コイツまさか…、この状態が完成だとは言わないだろうな…」と心配されつつ。

果たして、ハンドル短縮は正解であった。

良いね。とても良い。


■しかし良くない部分が

なんかスロットルが重くね?

というか感触が悪くね?

巻き取り径は変えてないので重くなったりはしない。ので、ワイヤーを純正と抵抗比較してみた。純正の方が感じ良し。純正を使いたい。幸い引き側のワイヤーはACTIVEのハウジングに取り付け可能。

純正引き側をもう一本購入し戻し側として使う事にした。純正は戻し側の方が少し長いが、スロットルハウジングを内側に少し移動している分、少し短い引きワイヤーでも使える感じだ。


■引き側一本だけってどうよ

ずっと前も一度試してやめた事があったんだけど、スロットルワイヤーを引き一本だけにしてみる案、今回も浮上。

昔はスロットルが戻らなくて事故、という事があったらしいけど、近頃のキャブではもうそんな話は聞かないし、ましてやFIだともう戻しワイヤーは要らないんじゃないかと言う人もいるような。ただ、一本にしてもそのリスクに納得できるほど軽くはならない事とレーサーですら二本だと言うではないか。

結構バイクに負荷をかけて乗ってるから何が起こるか分からないし、スロットルが戻らないのって考えるだけでオソロシイのでやっぱり今回も見送り。二本にしようと思ったのであった。


■パイプカット

よーしじゃあ、パイプ切断しちゃうぞー、と、また意気揚々とサンダーで切断。こっちは予備が買ってあるから何かあってもOKさー。

切り落としラインを油性ペンで

切り落としたのはこれくらい。

継ぎ目から13mmの所に油性ペンで線引き。ちなみにVTRのハンドルはバーエンドが取り外せないタイプ。溶接かなんかされた後、穴埋めてならしたりしてあるのかな。ちょうど線が通ってる灰色部分がその何らかの処理跡と思われる。

できた!

カットした。パイプは塞がっている

思ったより時間掛からずに済んだ。両側処理で1時間半くらいかな。中身が詰まってなければもっと早かったと思う。あまり高温にならない様にゆっくりめに切断した。軽く面取りもしたよ。

バーエンドのオモリの残りが取れないけど、私は今後、非貫通のオフロードグリップを使って行く予定だからコレでよし。むしろゴミ入らなくていいかも。バーエンドを付けたいとなったら更に穿ってやる必要がある。

で、ハンドルバーと切り落とした部分。

短くなったハンドルバーと切り落とした部分

パッと見も短い感じのするハンドルバーになった。


■結果

いい感じ! 例によって一瞬で馴れるがな!
変更は一回一カ所、乗り出し10分の感覚が勝負。