2/13 SRTT サマーランドハイパー2016/02/15

SRTTのサマーランドは初めての参加となる。

先に参加した友人から低速成分が多いよと聞いて行ってみることにした。トミンの平日クラブは冬季休みだし。

行きの途中、佐山PAの駐輪場で当ブログをご覧になった方にお声をかけられて嬉しかったっつうのもあり、スクールでも得ること多かったし、こうして久々にブログ更新なんぞしている次第にございます。


■乗り方がまた変わった

以前、シートの後ろの方に乗る効能について書いたが
(過去記事『SRTT、ここんとこ2回分について』)
その乗り方でしばらくやってみた効果を書いてみる。

まず、旋回がやりやすくなった。特に大きめのRの旋回。バイクがかなり勝手に回ってくれる。そしてリアタイヤの余りが大きくなった。タイムや速度が落ちている訳じゃないと思うのだけど、タイヤの余裕が増えた。多分、上手いこと体重がかけられるようになったんだと思う。


■本日の指摘

旋回中に荷重できてないと指摘を受ける。いろいろ試してみてアドバイスをいただいた結果、シートの前側に座った方がシートの内側に荷重しやすい感じらしい事が分かった。

今後は後ろ乗りで感触を得たバイクの動かし方をそのままに、前乗りでシート荷重もしていこうと、そして何を優先すべきかで乗り方をフレキシブルに変えていこうと、まあそんな風に思うのであります。


■今後の練習

Uターンを終えた辺りで一旦バイクを止める練習。八の字練習に取り込んでみようと思う。
思った位置で綺麗に停止できない。こういうのができてこそだなーと思う。

もう一つ。定常円旋回だと割と安定して回れるが(実はそうでもなかったりな!)、こういう感じで
一回ずつ旋回を入れるのが滑らかに回れていない点、指摘を受けました。練習してはいたけど、確かにそこまで意識回ってなかった。まあこれは練習あるのみだな。そのうちできる様になんだろ、って思うのであります。


■ジムカーナ仕様のVTR(旧型)に試乗する

今回、インストラクターさんのバイク、VTRに乗せていただきました。

もう、凄い加速。確かファイナルは、前1丁減らし、後4丁増やしだったかな。やるなVTR!

メーター、ヘッドライト等はハンドルとかの稼働部分でなくフレームの方にくっつけてあって余計な荷物がハンドルと共に動かない様になってた。

フォークオイルの油面が思い切った数値になってて、そういった諸々でか旋回中にハンドルが物凄い切れ込む。上級者はこれでいいのか…。おっかねぇよぅ。でもちょっぴりそっち方面に振って、馴れてしまえば行けるかもしれない。

まずはフォークオイル、ヤマハの15番が入ってるけど10番にしてみよう。油面は適当に100mmとかでいってみるか。その後の調整についてはVTRの場合、4cc抜いたら5mm下がる、だったかな?

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hldy.asablo.jp/blog/2016/02/15/8019310/tb