ブレーキホース断面2012/02/13

ブレーキフルードを交換するとき思ったより必要なフルードが少ないと感じたのでホースの内部はかなり細いんだろうなと思っていた。ホースではなく金属パイプの場合、かなり細いし。

なので、不要になったブレーキホースを切ってみた。

ブレーキホース断面

壁厚い。ホース直径11mm、穴直径は3mm程。ホース長は110cm位なのでおよそ 7.8cm^3。うん、少ない。

それより、以前2例程ブレーキホースが破れたのを見たが、こんな肉厚なホースが…。なんてこった。

[追記: 2012/02/20]
世の中のブレーキホース全てが肉厚なわけじゃないかも知れないね。

セロー ブレーキホース交換2012/01/19

私のセロ子さん、どうやらブレーキレバーが柔らかい。人様のセローのをニギニギして思った。しつこくエア抜きしてみるものの変化無し。で、発売から12年経とうとしているからブレーキホース換えてみる事にした。

余談だけど、人様のバイクで前ブレーキホースが破れてフルードを撒き散らした事例を2件見ているので「そうそう漏れるもんじゃない」と言われてもそろそろ換えておこうとは思っていた。

さて。
レバーが柔らかい原因としては (1)エアかみ (2)ホースの劣化 の他に (3)マスタシリンダーのピストンのカップが劣化しているっつう線もある。(ゴミとかフルードの結晶とかがカップにまとわりついてるとか。)

フロント マスタシリンダ
[パーツリストより] これの2番。一応、新品ホースと一緒にピストン部分も購入したので同時に交換しても良かったんだけど、どっちが原因かを知りたいのでまずはホースのみ換える事にした。

ちなみに図中10番のバンジョーボルト、このパーツリストではユニオンボルトという名前だが、締め付けトルクは30Nm。4JGのは25Nm位だが1ポッドから2ポッドになったからか5MPは30Nm。

■走行距離

24,270km

■新品ホース 他

新品ホース他
ホースと汎用品ワッシャとブレーキフルード(HONDAのDOT4)。

バンジョー部分
バンジョー部分 曲がり角度

ホースのバンジョー部分、曲げは単純に一方向のみでキャリパー取り付けの方が角度がきつい。

■注意点

ホース等の取り回しは後で「どーだったっけ?」てなる事が多いので予めデジカメで各部をいろんな角度から撮っておく。サービスマニュアルにも取り回し図があるので予習もしておく。つっても元々間違って取り付けられているとかマニュアル自体が間違っているとかあるかも知れないので、まあざっくりといく、ざっくりと。

■ホース交換

キャリパーのブリーダバルブからフルードを抜く。今回はシリンジ(注射器みたいなやつ)を使ってみた。少し手早くできたぞ。

フルード抜く
(フルード抜き風景。画像はシリンジを外した後だけど…)
タンクの蓋開けて、通常だったらタンクにある分だけトイレットペーパーで吸わせてレバーにぎにぎして出すけど、シリンジ使ったらタンクの分もすーーっと減っていく。

抜き終わったら旧ホースを取り外す。バンジョーボルトは固かった。メガネレンチをセットして木づちで叩いて回す。新ホースを同じ様に取り付けてフルードを入れる。ここでもシリンジを使う。キャリパー側から注入した方が好ましいんだけどシリンジに入れたフルードを入れたくなかったので、あまり意味無さそうだけどタンクに補充して下から吸ってみた。でも案外素直に入った。その後、各部コンコン叩きながら通常のエア抜き。

■タンクの蓋の空気通路

ダイヤフラム等を掃除して穴とか無いかチェック。で、タンクに蓋をする。

フルードは塗装を侵すのでタンクの蓋は以下の様な感じにぐすぐすになりやすい。つってもなりやすいバイクとそうでないバイクがある気がする。

フルードタンクの蓋 裏側

これでも軽く掃除した後。赤矢印の部分に空気の通り道である切り欠きがある。これが塞がるとダイヤフラムが理想的に動かなくなるので、ドライバとかでカリカリやって道を作っておいた。

■レバーの感触は?

うーん、少しはカッチリした気がするものの、まだ柔らかい。今日は寒くてやらなかったけど次回はキャリパーの掃除をするので、その時またエア抜きしてみる。

包装単位?2012/01/17

YAMAHAはパーツリストをWebで見られるらしいのだが閲覧環境が厳しいようで、いちいちWindowsを起動するのもなんだし、今後とも古いバイクのパーツが調べられるかというと怪しいモンだしでパーツリストを買ってある。

YAMAHAパーツカタログ
YAMAHAではパーツカタログっつうんだね。

これに付属してパーツの値段リストがあるんだけど、

パーツカタログの値段一覧

部品番号、部品名、値段の他に「包装単位」なる列がある。この包装単位が5になっているワッシャは前ブレーキホースの上下に付いているバンジョーの所のワッシャ。

ブレーキホースを交換しようと思って一緒に頼んだが、この包装単位にしばし悩む。4つ欲しいんだけど、4つ注文したら20個来るんじゃなかろうか…。

とりあえず一つだけ注文してみた。結果、一つだけ届いた。まあ、見積もりの値段見てもそうだろうなと思ったよ。

まあ内径と外径と材質が分かったので似たようなのを買ってきたとさ。
(ちなみに内径約10mm、外径約14mm、厚みは約1mm、材質は銅)

セロー オイルと後タイヤ交換2011/10/23

昨日(22日土曜)のオフロードスクールの前にオイルと後タイヤとクラッチレバーを換える事にした。泥縄的に前日。もっと余裕を持ってやらなきゃとは思っている。

■現在の走行距離

23,187km。

■エンジンオイル

オイルはVTRと共通 HONDA G2 10w-40。使用量は1L。前回の交換は21,426km。2千km走っていないのにギアが渋い。整備士さんによると1,500km位で換えてもいいねとの事。毎回思うがVTRの廃オイルと比べると不透明で泥水の様。いいんかいコレで。

換えてしばらくはギアも気持ちよく入るが、直ぐに微妙な感触になる。

■クラッチレバー

新旧クラッチレバー

前回のスクールでクラッチレバーが曲がってて遊びを無くしても近過ぎる状態だったので交換。上が古いので下が新しいの。


こんだけ違ってた。そら近いはずだ。ワイヤーに軽く注油してレバーをグリスアップして付ける。

■後タイヤ

終わってる後タイヤ

スリップサインまで行ってないけどオフロードを走るにはちょっと終わっていると判定された後タイヤ。センターだけ減っているので倒したら急にグリップが回復するという感じで挙動が変わってくるとか。折角のスクールなので換えたい。

セローの後輪はチューブレス。手順としてはVTRと同様。セローは後輪を外さないとキャリパーが取れないのでキャリパーピストンの掃除もしておく。

手子摺った。固かった。VTRのより困難に感じた。まずビードが落ちない。外れている様に見えるのだけど落ちてなくてレバーもまともに入らず困った。いつもの2割り増しで苦労してタイヤを外して入れる。5時になっても入らなかったらバイク屋に泣きつこうと心に決めて作業していた。

そしてビードが上がらない。手動ポンプでへとへとになったので死にかけのエアコンプレッサーを起動。随分空気が入ってる気がするんだけど全然ビード上がらず。試しに空気圧計ってみると振りきった。多分 4 kgf/cm^2位入っている。ヘルメット着用して入れた方がいいだろうかと考え始める。もう一息入れたらパンッパンッというかカンッカンッに近い甲高い音を立ててビードが上がった。

セローの後タイヤ交換は初めてなのでこんなもんなのか、今回特別だったのか分からないけど、スクールのスタッフさんと話した感じでは確かに固い傾向にはあるとの事だった。

チェーンの調整はスネイルカムのお陰で楽。

■グリップも

グリップが破れかけていたのでこれも交換してみる。確かオンロード用だけど余ってたなと思い出して取り出すと、

カビたグリップ
カビとった。

洗って取り付け。でもこのグリップ柔らかすぎる。まあ柔らかさ故に寿命も短いだろうから、とりあえずコレで。

準備万端かどうかは分からないけど、これにてスクールに臨む。

排気パイプカバーのボルト2011/09/15

パーツリストによると「エキゾーストパイプ プロテクタ」のボルト。

ここのカバー。これのボルトが一つ抜け落ちていた。

ここのボルトは緩みやすいといわれていたので以前はちょくちょく増し締めしていたんだけど、ここんところ油断してたら無くなってた。

ボルトはステンレスの 6x10mm。元々付いていた物だけど中古なので純正かどうかは知らない。適当なの買ってきて付けた。

今度は油断しないぞー。